【ネタバレ】やっぱりクズな大吾と天才・光 MAJOR 2nd 第7話


MAJOR 第七話 あらすじ

MAJOR 2nd

練習試合は最終回へと進み、三船ドルフィンズの打順は佐藤光に回る。しかし、光は野球を知らないため、完全なボール球に手を出してしまう。見かねた監督がストライクゾーンを教えると、ボール球には手を出さなくなる。

2ストライク2ボールとなったところで、バッテリーは勝負を選択。光は甘くなったボールを見逃さず、フェンス直撃の打球を放つ。セカンドランナーの大吾は激走しホームへ目指すが、日頃の練習不足によって足がもつれてしまい、本塁直前でこけてアウトに。試合はゲームセットになる。

試合後、薫は大吾に野球を再開することを勧めるが、大吾は「絶対イヤ!」と拒否する。光との実力の差を見せつけられたからなのか?

次号へつづく

MAJOR 2nd34

ネットの反応

大吾こそ誰かの意思継ぐってことにでもしない限り
野球やる意味も理由も皆無だよね
今のままじゃ他の競技やればって感じだし

何か理想高くて才能に拘ってる大吾が才能無くて、
楽しいかどいかで決めて親気にしない光が才能持ちとかw

薫は何でそんなに野球やってほしいんだよw
やって欲しいわりには辞めた理由も知らないし意味不明w

田代も薫も
本人的にも野球に未練があるって気付いてるんだろ

あの寿也から、どうして強メンタルでポジティブで図太い光が育つのか謎だ
寿也はトラウマ持ちの弱メンタルで心配性の頭脳派だったのに

母親が勝ち気でずけずけと物を言う人なんだろうな
…まさか一時期ウソバレで来た母親は涼子がマジだったりして

管理人感想

どのような流れで大吾は野球を再開するのでしょうか?注目ですね!やっぱり、誰かが不幸にならないとダメなのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告