【ネタバレ】七嶋、絶体絶命のピンチで大月から三振を取る 砂の栄冠 ネットの反応も


あらすじ

七嶋、大月

樫野対花湧東の一戦は1対1の同点で9回の裏に突入。樫野の七嶋は味方のエラーもあり、ノーアウト満塁ピンチ。さらに、迎えるバッターは超高校級・大月と絶体絶命。こんな場面に味方の応援団もあきらめモード。

そんな中、絶対に諦めない男・七嶋は大月との対戦に集中する。「絶対、三振を取るしかない」。

七嶋は大月の意表をつくインコース攻めで2ストライクに追い込む。変化球を警戒している大月に対して七嶋はどんどんインコースを攻めていく。そして、迎えた7球目最後の一球もインコース。七嶋の気迫におされた大月は三振にたおれる。

管理人感想

シビれる場面がきましたねー。満塁でインコースを攻められる七嶋君さすがです。このまま樫野はノーアウト満塁のピンチを防ぐのでしょうか?次回に期待です。

ネットの反応・感想

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告