武井壮が実践する究極のトレーニングとは?


武井壮が日々実践するトレーニングとは?

武井壮はスポーツのトレーニングは、ほぼしていない。ではどんな練習をしていたのか?それは武井壮自身を思い通りに動かす練習をしていた。そのため、十種競技のように体力や技術が必要な競技を大学三年から始めて、2年間で日本王者になった。

自分の体を動かす練習とは

スポーツは頭の中で思ったことを、その通りに動かせれば成功する。その理論に基いて、武井壮は独自のトレーニングを生み出した。

トレーニング方法例 ①目を閉じて手を真横に上げる

目 真横に上げる

武井壮「一流のスポーツでも、これすら出来ない人が多い。これが出来ないのにスポーツを行うのは危険だ。」

②ペットボトルを自分の気持ちいいところで持つ

ペットボトルを 持つ

武井壮「ペットボトルを角に合わせて、ピタッと自分が気持ちいい所で持つ。ジムに行かなくても、日常生活で十分トレーニングはできる。」

③床にフローリングの線が入っていたら、その線につま先を合わせて歩く

フローリングの線

④ドアノブを持つときも、狙いを定めて持つ

ドアノブを持つ

武井壮は小さい頃から武井壮を動かす練習をしていた

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告