【選抜高校野球】 試合を分けたレフトの守備! 八戸光星対九州学院


八戸光星対九州学院

選抜高校野球が3月21日開幕した。

注目の開幕戦は青森・八戸光星対熊本・九州学院である。

ゲームは投手戦で進み、7回裏が終わり、2対1八戸光星であった。そして、迎えた8回表八戸光星の攻撃、1アウト1・3塁の場面でバッターは 左打者の6番小林である。フルカウントから外角のスライダーを弾き返し、右中間への打球。レフトが飛びつくも追いつかず、二者が生還!そして、走者一掃のタイムリースリーベースとなった。

そして、その後集中を切らした九州学院は一挙5点を入れられてしまう。

今回は8回裏のレフトフライの場面でレフトはダイビングキャッチを試みるべきだったのか?考えてみたい。

ポイント

1.明らかにノーバウンドで取れない打球であった。

ダイビングキャッチ

レフトに上がったボールは明らかにノーバウンドで取れないボールであった。1点を争う場面以外では絶対に飛び込まないだろう。

2.打者が左打者であった。

打者が左打者

打者が左打者のためセンターは右中間寄りの守備位置であった。そのため、カバーが間に合わず、打者を3塁まで進めてしまった。

以上が飛び込まない方が良かったポイントである。次に飛び込んだほうが良かった理由を考える。

3.終盤で1点を争う場面であった。

1点を争う場面 スコア 甲子園

場面は八回表で2対1と守備側がリードされている所であった。投手戦で1点取られると、負けてしまうといった焦りがあったのかもしれない。

しかし、その裏の攻撃で1点を取り、尚もチャンスを作っていることから焦る必要はなかったのではないかと思う。

以上のことから、私は8回表のレフトフライは飛び込まない方が良かったのではないかと考える。

試合は9対2で八戸学園光星が勝利した。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告