【キリトルTV】伊藤智仁の引退試合での岡林投手コーチとの会話が泣けると話題に!


伊藤智仁の引退試合

伊藤智仁は記録より記憶に残る大投手

伊藤智仁は150キロを超えるストレートとキレの有るスライダーが武器の投手である。その伊藤はプロ1年目から大活躍する。

しかし、右肘を怪我し3年間のリハビリをする。それを続けられたのは親友・岡林の支えがあったからである。

復活と再びの怪我

3年ぶりのマウンドにたった伊藤は完全復活する。

しかし、再び右肘を傷めてしまい、満足に投球することができなくなる。

そして伊藤は球団から戦力外通告をうける。なんとか現役を続けたい伊藤は球団に懇願し、一年だけ現役を続投する。

その年の最後の2軍の練習試合、マウンドには伊藤がいた。

伊藤はかつての150キロの投球は出来ないが、復活をかけたナックルボールを投げた。しかし、ストライクが入らない。

そこにかつてリハビリ期間を共に過ごした岡林投手コーチが

伊藤智仁

伊藤智仁

伊藤「降板?」

岡林「ああ、肘大丈夫か?」

伊藤「分かった、大丈夫」

伊藤智仁

伊藤智仁2

伊藤智仁

伊藤智仁3

この4日後伊藤は引退を発表した。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告