今さらだけど、2006年巨人ドラフト隠し玉(坂本勇人)1位決定の裏側を明かす


ドラフト会議

88年世代のドラフト会議

この世代のドラフト会議は現ヤンキースの田中将大、ロッテの大嶺裕太、日本ハムの吉川、巨人坂本勇人など数多くの有力選手が存在した。

巨人の構想

巨人の投手の特Aは田中将大と大嶺裕太。しかしその二人は他球団との競合が予想される。

巨人が野球で特A評価したのは愛工大名電の堂上直倫のただ一人。

しかし、堂上直倫の父は中日の元選手。

だが、堂上直倫の「どこの球団でもいい」という言葉を聞いて、巨人は指名に踏み切る。

巨人の理想は内野手にスーパスターを作ること

抽選で外れた場合はどうするか?

巨人の外れ一位の本命は坂本勇人。卓越した打撃センスはトップクラスに位置する。

スカウト大森は情報を漏らさないことに、気をつけていた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告