ヤクルト 成瀬って何がスゴいの?


ヤクルト 成瀬

130キロ台に「キレ」の美学 プロの技術が生む成瀬の直球全く力感のないゆったりとした動作にもかかわらず、放たれたボールは空気抵抗を忘れたかように50メートル、60メートルと伸びていく。

成瀬と言えば、神奈川・横浜高を出て4年目の2007年に16勝1敗、防御率1・81とブレーク。

2010年、本塁打王に輝いたT―岡田外野手から「一番球が速いと感じる投手はファルケンボーグ(当時ソフトバンク)か成瀬さん」と聞いた事があった。

ここ2年は左肩痛に悩まされて1桁勝利にとどまっているが、成瀬の投じる130キロには「キレ」の美学とでも言うべき、スピードガンに表れない威力がある。

詳しくはこちらから↓

http://www.47news.jp/topics/sportscolumn/2015/01/post_383.php

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告