糸井嘉男はケガをして何であんな数字が残せるの?


糸井嘉男(オリックス)

球界を代表する打者になった糸井嘉男(オリックス)はプロ12年目のシーズンを迎えようとしている。

2003年ドラフト自由獲得枠で北海道日本ハムに入団し、わずか2年半で投手をクビに。

昨季は打率3割3分1厘、19本塁打、81打点をマークし、自己最高の成績を残すなど充実した1年を過ごした。

糸井の特長はバットを振る際の腕の使い方とスピード。ガッチリした下半身を軸に、ボールを懐ギリギリまで呼び込む。強引にバットを振るのではなく、ムチのようにしならせ最短距離でボールに力を伝える。

詳しくはこちらから↓

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/npb/2015/columndtl/201501230006-spnavi

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告