【プロ野球】連覇を狙うソフトバンクの意外な脆弱性を発見


工藤監督とコーチの関係

唯一の不安は工藤監督とコーチの関係

工藤公康新監督のもと、2年連続の日本一に挑むソフトバンク。

今年61歳を迎える佐藤コーチには『チーフ』の肩書がついており、投手コーチのまとめ役としての働きが期待される。だが、コーチ歴16年となるベテランと、52歳の新任監督という“微妙”な関係性は気になるところ。

過去には栗山監督と吉井コーチや、2012年中日の高木守道監督と権藤博コーチなど、野手出身監督と投手コーチの対立という構図が目立った近年の中で、連覇を狙うチームにどのような化学変化をもたらすか

詳しくはこちらから↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150122-00020779-baseballk-base&pos=1

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告