フランス野球が盛り上がっていると聞いて飛んできますた


吉田義男

フランス代表監督就任当初は「チームプレーという意識は希薄だった」と吉田。

1985年に阪神監督として球団史上唯一の日本一を達成した吉田義男氏。

「ムッシュ」の愛称で、多くの野球ファンから愛されているが、その由来は阪神監督退任後に、フランス代表監督を務めたことから来ている。

就任当初は「草野球の集まりみたい」だったというフランス代表だったが、吉田氏の指導もあって、昨秋には都市対抗王者の西濃運輸を破るまで成長。

現在は国際野球連盟(IBAF)の五輪復帰委員も務めている吉田氏はいま、一段と進む野球のグローバル化、そのために必要なことについて、何を思っているのだろうか。

詳しくはこちらから↓

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/japan/2015/columndtl/201501210003-spnavi

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告