桑田真澄氏、「大豊さんと狭いナゴヤ球場で対戦するのは恐怖だった」


桑田真澄 大豊

巨人、パイレーツでプレーした桑田真澄氏が20日、自身のFacebookを更新し、18日に急性骨髄性白血病で死去した大豊泰昭氏を悼んだ。

桑田氏は大豊氏について「いつも『僕は不器用だから練習するしかない』と言っていたのを思い出します」と思い出を綴ると、「そんな大豊さんと狭いナゴヤ球場で対戦するのは、実は恐怖でした」と明かした。

その理由について桑田氏は「レフトでもライトでも簡単に本塁打にしてしまう圧倒的なパワーヒッターだったからです」とし、「そんな大豊さんと何度も対戦することで、マウンドでのチャレンジ精神や、状況に応じた投球術が磨かれたと思います」と大豊氏と対戦を重ねることで、桑田氏も成長していったようだ。

詳しくはこちらから↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150120-00020627-baseballk-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告