青木、ジャイアンツ入団の裏側とは?–なぜ、こんなに安いの?


青木のジャイアンツ

FAとなっていた前ロイヤルズの青木宣親がジャイアンツとの1年契約に合意。

青木の年俸は400万ドル(約4億6000万円)+出来高。2年目は球団オプションで、ジャイアンツが2年目のオプションを行使し、さらに青木がすべての出来高をクリアした場合、最大で2年1250万ドル(約14億円)の契約になるそうである。

青木の価値が予想を下回った理由として、あるア・リーグのスカウトが、2つのポイントを指摘した。

1 長打力の欠如

2 守備力

詳しくはこちらから↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150117-00000002-wordleafs-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告