世界で通用する内野手になるために必要な1つのこと


Chicago White Sox vs Baltimore Orioles - July 28, 2006

PL学園から1987年のドラフト1位で中日入りした立浪和義内野手のデビューは、高卒内野手としては前代未聞のものだった。

後に中日のヘッドコーチとなる一枝修平さんが、こんなことを言っていたのも鮮烈に覚えているのである。

「あの子(立浪)は確かにうまいけどな、一番の欠点は基本に忠実すぎることやな。」

基本を大事にするとこも大事だが、基本に縛られるとダメだ。

詳しくはこちらから↓

http://number.bunshun.jp/articles/-/822486

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告