オリックス、2年で観客動員30%増物語


オリックス、2年で観客動員

今、オリックスがひそかな脚光を浴びている。

最終戦まで首位争いを演じた2014年シーズンは、観客動員数が前年比18%も増加、伸び率では広島に次いで12球団中2位(総観客動員数は170万人で7位)。

過去を振り返ると、2008年シーズンもチーム成績は2位と健闘したものの、この年の観客動員数は126万人でしかなかっただけに、前期の伸びはチーム成績だけが原因ではないだろう。

観客動員数上昇の鍵は大阪、京都、神戸の3府県に絞って新たなファン層を開拓する地域密着戦略でした。

詳しくはこちらから↓

http://toyokeizai.net/articles/-/57952?utm_source=gunosy&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告