2015年の注目は『新人監督』 そこで、基本的な『新人監督』のデータを集めてみた


新人監督 プロ野球 工藤

2015年のプロ野球 新人監督は5人

今季から工藤公康監督(ソフトバンク)、緒方孝市監督(広島)を始め、5人が新たに監督就任した。

これまで新人監督でリーグ優勝を達成したのは、2リーグ制後14人(1リーグ時代は3人)。日本一達成はリーグ3位から日本一になった西村徳文監督(ロッテ)を含めると9人になる。

ちなみにプロ野球のコーチ経験なしで、リーグ優勝を達成した監督は、1950年の湯浅禎夫監督(毎日)、2004年の落合博満監督(中日)、2012年の栗山英樹監督(日本ハム)の3人だ。

今年の『新人監督』はチームを優勝に導けるのか、注目だ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告