失敗する「落合GM体制」・成功する「落合GM体制」 真価が問われる今後の中日


落合GM体制

「落合GM体制」は成功だったのか、失敗だったのか。

2013年の10月に就任が決まり、GMとして初めて迎えた14年シーズン。チームは67勝73敗4分けで4位に終わり、2年連続となるBクラスに沈んだ。就任会見で「優勝するチームを作らなければ、やる意味がない」と抱負を語っていただけに、結果に物足りさを感じる人も多いのではないだろうか。

経営の健全化が最優先だった中日、ここ2年の成績による評価は時期尚早

中日は近年、観客動員の減少と人件費の高騰により、球団経営は危機的状況にあったと証言する関係者もいる。補強に動くよりも先に、経営の健全化が最優先だったことは明らかだ。

今オフ、総年俸は微減に留まった。成績と年俸のバランスが適正値に落ち着き、ようやく優勝という次の目標を見据えるための土台ができたとみるべきだろう。

ただ、落合GMにとっては、ここからの1、2年が手腕の見せどころだ。成功か失敗かの判断を下すのは、それからでも遅くはない。

詳しくはこちらから↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150105-00010000-fullcount-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告