安楽智大の世界 ある感覚。高校時代に3度見えた「軌道」とは?


安楽智大

ピークは、2年夏の愛媛大会

楽天にドラフト1位で入団が決まった済美高校の安楽智大のピークは、間違いなく2年夏の愛媛大会だった。

2013年7月26日、準決勝の川之江戦。安楽の体内を、高校に入学してから三度目となる「あの感覚」が走った。0-2と2点リードを許す展開で迎えた6回2アウト走者なし。

安楽智大 川之江

「あ、これはスピードが出るなと思いましたね」

「人に言ってもあんまり信じてもらえないんですけど、足を上げた瞬間、ボールの軌道が見えるときがあるんです。あんときは、ボールでもいいからとにかく腕を振ろうと思って。そうしたら、軌道が見えた。あ、これはスピードが出るなと思いましたね」

「スピードボールは、たった1球で雰囲気を変えられる」 ちなみに捕手も、安楽がそう感じているときはわかるという。

詳しくはこちらから↓

http://number.bunshun.jp/articles/-/822411

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告