米国で現役続行か、日本復帰か それぞれの決断


日本プロ野球に復帰する

2014年シーズンを最後に日本プロ野球に復帰する選手たちが4人いる。

オリックスに中島裕之内野手、日本ハムに田中賢介内野手、ソフトバンクに松坂大輔投手。そして広島に黒田博樹投手が加入する。

MLBで実績のある松坂、黒田は日本に戻らずとも、アメリカ球界に残る道はあっただろう。

特に黒田は昨年まで5年連続で2桁勝利をマークし、本人の決断次第ではメジャーで1年20億円程度の契約を手にできる可能性は十分にあった。それでも日本を選んだのは、渡米時から秘めていた信念をぶれずに持ち続けていたからだった。

詳しくはこちらから↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150103-00010001-fullcount-base&pos=2

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告