愛甲猛 「年俸決定の裏側にひとこと言いたい」


背番号18、3年12億円+出来高払いの契約で松坂大輔投手を獲得したソフトバンク

2006年以来、9シーズンぶりにメジャーリーグから日本プロ野球に復帰する松坂だが、「その契約金は妥当なのか……?」という声もチラホラ聞こえてくる。

松坂大輔投手を獲得したソフトバンク

愛甲が語る契約更新の舞台裏

オレは20年間プロ野球界にいたけど、契約更改において、こちらの希望額を球団が提示してくれたことはほぼなかった。こちらが4千万円ぐらいを希望しても、球団は3500万円、なんていうのが相場だったね。

愛甲猛

松坂に3年12億円は高すぎる

今の巨人やソフトバンクって、年俸でモメるケースってないよね。今年のソフトバンクなど大盤振る舞いで1億円プレイヤー続出だが、昔のダイエーと同じだね。

松坂大輔と3年12億円(推定)で契約したけど、いくらなんでも高すぎるよ。ダイスケはここ2年、メジャーでも金額に見合った活躍はしてないし、ケガもある。集客期待料もあるんだろうけど、今のファンは目が肥えてるから、早めに結果を出さないとならないよ。

詳しくはこちらから↓

http://dmm-news.com/article/905995/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告