赤ヘル黄金時代を造った男 「スカウトの神様」について、ざっくりまとめてみました


「スカウトの神様」と呼ばれた男

広島の名スカウトで「スカウトの神様」と呼ばれ、その後請われて大洋、オリックス、日ハムでもスカウト部長などを務め、今は故人となった木庭敦さんについて書く。

赤ヘル黄金時代を造る

木庭さんは、“1964年平安高校の衣笠祥雄を獲得したのを皮切りに、以降、山本浩二、水沼四郎、三村敏之、池谷公二郎、金城基泰、正田耕三ら有名アマチュア選手の獲得に辣腕を振った。

山本浩二 衣笠

また達川光男、高橋慶彦、川口和久、大野豊、長嶋清幸、紀藤真琴といった野に埋もれていた無名選手の才能も見出した。木庭にスカウトされて入団した選手には1970年代後半から1980年代後半にかけての広島全盛期を作り上げる原動力となった選手が多く、木庭はいわばカープ黄金時代の影の功労者であると言える。

1aefa54f

スピードガンの導入

また、木庭さんは現在野球界に広く定着しているスピードガンによる球速測定を日本で最初に取り入れたことでも知られている。

スピードガン

1986年大洋に移籍し、スカウト部長になる

木庭さんは1986年に広島から大洋に移り、スカウト部長になる。

わずか3年間であったが、

江の川高・谷繁元信捕手(88年1位)、、足利工高・石井琢朗投手(後に内野手、同年外)、東北福祉大・佐々木主浩投手(89年1位)、朝日生命 平塚克洋選手(同年3位)を獲得した。

江の川高・谷繁元信捕手

たった3年の間に、これだけ橫浜、あるいは移籍後の他球団で活躍した選手を輩出している。木庭さんが退団して10年後の1998年、横浜は38年ぶりの日本一を果たしますが、野村、進藤、谷繁、石井、佐々木選手らがその中心にいたのは、言うまでもありません。

詳しくはこちらから↓

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/hamatom/article/742

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告