楽天・大久保監督批判の底の浅さについて 本人が語る「私」はなぜ批判されるのか?


来季、プロ野球で5人の新監督が誕生する中で、楽天の大久保博元監督(47)は異質な存在だ。

就任が伝えられると「反対署名」が集められ、ネガティブキャンペーンともとれる記事まで躍った。

「反対署名」は我慢する時間が少なかったから

大久保監督は「監督という大役を仰せつかったのに、まだたたかれるというのは我慢する時期が人より少なかったから。そう受け止めているんですよ」と話した。

楽天・大久保監督

過去には選手とのコミュニケーションに問題も

西武コーチ時代、菊池投手への暴行があったとして裁判になった経緯がある。

しかし、徹底的な対話が基本にある。たとえばミーティングで、あるカウントでの打撃やサインなどチーム方針を伝えると「自分の意見があったら今、ここで言ってくれ。黙っていてあとから何か言うのは約束違反だぞ」と促す。押しつけはない。

楽天・大久保監督 菊池

詳しくはこちらから↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00000517-san-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告