【プロ野球】なぜパ・リーグは生き残ることが出来たか 今、パ・リーグの勢いが凄い!


PLMの村山良雄社長が語る日本プロ野球の未来今、パ・リーグが熱い。

今、パ・リーグ

プロ野球ファン人口の調査結果によると、ファン全体の総数はここ10年で減少傾向にあるが、パ・リーグに限定すれば上昇しており、2004年から2009年で504万人増、さらに2014年までは198万人増で、もうすぐ2000万人に達する勢いだ。

なぜこれほどまでにパ・リーグの躍進が際立つのか。その裏には、パ・リーグ6球団が共同で2007年に設立したパシフィックリーグマーケティング(PLM)の存在がある。

パシフィックリーグマーケティング(PLM)とは?

パ・リーグ各球団の地域密着とリーグ全体の振興への積極的取り込みを企業理念に掲げ、試合のインターネットでのライブ配信等を手掛ける「パ・リーグTV」など様々な事業を行っている。

パシフィックリーグマーケティング(PLM)

詳しくは以下のリンクから↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00010000-fullcount-base&p=1

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告