15歳でプロ入りした元阪神、辻本賢人の現在


2004年、若干15歳で阪神にドラフト8位で指名され、将来を有望視された辻本賢人投手

辻本賢人投手

その当時は15歳ながら140キロを超える直球を投げ、将来は日本をしょって立つ存在になると誰もが信じていたが、最近では全く名前を聞かなくなってしまった。

今回は辻本賢人投手のその後を追った。

2009年 阪神に自由契約に

辻本賢人 阪神

2009年はキャンプ前に第5腰椎を疲労骨折したこともあって二軍でも登板機会がなく、10月1日に球団から戦力外通告を受け、10月30日自由契約公示された。

合同トライアウトではスカウト陣から「球が遅すぎる」「フォームがバラバラ」など厳しい指摘を受けた。

2010年 アメリカ独立リーグに渡る

辻本賢人 独立リーグ

その後プレーする場を求めて2010年4月、アメリカの独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグのトライアウトに参加した。

そこで阪神時代を超える最速146kmを記録。同リーグのマウイ・イカイカからドラフト1位指名を受け入団した。

同年のシーズンでは、腕の位置をサイドスロー気味に下げたフォームに変えたことで、球速が151kmまでアップし、主に中継ぎ投手としてプレーした。

シーズン後半では、勝ち試合で起用されるようになった。

そして、2011年ニューヨーク・メッツに移籍

辻本賢人 独立リーグ2

2011年2月7日、ニューヨーク・メッツからマイナー契約のオファーがあったと報道され、3月3日にメッツとマイナー契約を結んだ。

しかし、解雇に

しかしその後の2013年5月、ニューヨーク・メッツを解雇された。

現在は?

現在は、父親が取締役を務めている会社で働いているといった説がある。

詳しくは以下のリンクから↓

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告