2014年高校野球よさらば 高校野球を個性的な選手が沸かせた選手で振り返る


超スロボール

超スローボールで、甲子園の観客を味方につけた東海大四・西嶋

南北海道代表・東海大四のエース西嶋亮太投手(3年)が、プロ注目の強打者が並ぶ九州国際大付(福岡)を緩急で翻弄(ほんろう)し、12奪三振の5安打1失点完投で勝利に導いた。

強力打線で甲子園を沸かせた敦賀気比

強力打線で甲子園を沸かせた敦賀気比

敦賀気比は1回戦の坂出商に16―0、2回戦の春日部共栄にも10―1と圧勝しており、も三回戦も盛岡大付(岩手)を16―1で下した。これは93年ぶりの3試合連続2桁得点を記録である。

「機動破壊」で甲子園を沸かせた健大高崎

機動破壊

健大高崎は大会記録まで3つに迫る1大会26盗塁をマークして、スローガン通りの「機動破壊」野球を発揮した。

詳しくはこちらから↓

http://www.hb-nippon.com/column/46-soukatsu/8941-20141231no87

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告