もう一度「クライマックスシリーズ」の存在意味を考える時が来たのかもしれない リーグ圧勝“巨人”敗退


クライマックスシリーズ

2014年のプロ野球は、パ・リーグを制したソフトバンクが日本一となり、退任した秋山前監督の花道を飾った。

一方でセ・リーグ優勝の巨人は、クライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージでリーグ2位の阪神にまさかの4連敗した。

過去にはソフトバンクも

一足先に04年からプレーオフとして導入していたパでも、ソフトバンク(ダイエー時代も含め)はリーグ優勝しながら、3度も日本シリーズ進出を逃している。

CS反対を訴える意見

CS反対を訴える意見の多くは、やはりリーグ優勝の価値が薄れるという点だ。球界OBは「144試合戦って優勝するには、投手力、打者、チームマネジメントなど総合力が問われる。短期決戦で負け日本シリーズに進めないのでは、ペナントを争ったことに矛盾する」と話す。

詳しくはこちらから↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000545-san-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告