社会人野球の育成力が止まらない!


社会人野球

社会人野球の全力プレー・全力疾走は高校野球を超える

高校生は「全力プレーを」と思っても、運動能力や緊張感を持続させる精神面の部分で、徹底できないことがある。そういう心身のブレが、年齢と共に、体力面でもピークにある社会人選手には極めて少ない。

さらに社会人は高校生や大学生とは違い“後”がない。独立リーグという選択肢は生まれたが、ほとんどの選手は社会人野球を終えれば、それはイコール野球人生の終わりを意味する。全力プレー・全力疾走を社会人のほうが徹底できるのは、ある意味当然なのである。

社会人野球 のも

社会人指導者の育成能力は、半端でなく高い。

早熟型の好素材は少なく、なおかつ多いチームでも新人は5、6人と限られているので、社会人の指導者は大変である。

人材が少ないなら、低迷する選手を再生して新たな戦力に加える。そういう発想が常に社会人野球の指導者にはある。石崎剛(新日鉄住金鹿島から富士重工業に補強)と狭間正行(Honda熊本)がそういう代表的選手である。

この他にも、歴代では野茂英雄や落合博満も社会人野球出身のプロ野球選手である。

 詳しくはこちらから↓

http://number.bunshun.jp/articles/-/821375

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告