「宮本慎也の視点」がプロ野球を変える~2014年 守備の達人は?


宮本慎也の眼。

さまざまなドラマが生まれた今季のプロ野球を“守備”の面から振り返ってみると、何が見えてくるか。

三井ゴールデン・グラブ賞10回受賞の達人が教える、新しい野球の見方。

現代野球ではデータ分析が進み、打者によってシフトを変更するなど、守備の重要性が高まっている。

だが、2014年のプロ野球界を守備の面から宮本氏に振り返ってもらうと、真っ先に名前が挙がってきたのが、広島の菊池涼介だった。

詳しくはこちらから↓

http://number.bunshun.jp/articles/-/822014

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告