これでいいのか「チャレンジシステム」 メジャーの試合時間は史上最長に


チャレンジシステム 野球

今季からメジャーリーグで「チャレンジシステム」(ビデオ判定)が導入された。

「チャレンジシステム」とは際どい判定に対し、各球団の監督は積極的にチャレンジを要求する制度だ。今季は実に1276回のチャレンジがあった。

チャレンジが乱用されたこともあり、今季の1試合の平均時間は3時間2分21秒と史上初めて大台に到達し、試合時間は史上最長になった。

 詳しくはこちらから↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00000011-nkgendai-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告