甲子園の新セオリーについて押さえておくべき2つのこと


新セオリーは「工夫」と「分析」

第96回夏の甲子園

第96回夏の甲子園、その頂点に立ったのは大阪桐蔭だった

その中でも開星戦と敦賀気比戦は、初回の大量失点からの逆転で大阪桐蔭が勝利した。しかし、実は敦賀気比戦では、相手投手・平沼翔太の投球フォームから投げる球種を読み解く“解読作戦”が行われていた。セットポジションのときの腕の位置で、ストレート、カットボール、落ちる系(チェンジアップ、カーブ)の3球種を解読していたのだ。

大会全体に目を向ければ、早いテンポで投げる投手が続出した。準優勝に輝いた三重の今井重太朗は捕手からボールを受け取ってから投げるまでの間隔が約3.4秒と短く、打者に自分の間合いで打席に立つことを許さなかった。

詳しくはこちらから↓

http://number.bunshun.jp/articles/-/821608

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告