すべてのリードは結果論【元ロッテ・里崎智也が語るプロ野球選手論②】


里崎智也2

5回で代打を送られる捕手はレギュラーではない!

前回のお話のなかで、今季、スタメンマスクを被ることの多かった田村龍弘選手のお話がチラッと出ましたが、2015年シーズンで正捕手の座にいちばん近いのはズバリ誰だと思いますか?

里崎 誰も近くないんじゃないですか?(苦笑) 結局、今のままだったら、負けてたら5回で代打。

捕手のリードに明確な評価は存在しない!リードのよし悪しは結果論

──リードの評価なんて誰にもできないっていうのが、僕の考え。「名捕手あるところに覇権あり」っていう野村克也さんの言葉は有名ですけど、それは逆に言うたら、優勝したこともないようなチームのキャッチャーはどんなに優れてても、「優秀だった」とは言われないってことでもある。「肩は強かった」とか「キャッチングはよかった」とか、部分的に褒められることはあってもね。

詳しくはこちらから↓

http://www.baseballchannel.jp/npb/2379/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告