その発想はなかった! 新しいドミニカ武者修行、落合GMの意図とは?


ドミニカ武者修行

その意図はどこにあるのだろうか?

ルーキーながらチーム最多の67試合に登板し、9勝1敗、防御率2.21と、リリーバーとして実績を残した又吉克樹(中日)が、シーズンを終えた10月17日からドミニカ共和国のウインター・リーグに参加した。

”ドミニカ武者修行”の意図は疲労回復だ。世間では、疲労回復には体を休ませることが重要だと考えられている。しかし、落合GMはそう考えていない。あらゆるメディアから引っ張りだこになるよりも、野球をしていたほうが体が休まると考えている。

中日の〝ドミニカ武者修行〟は、落合博満GMが監督を務めていた2006年から4年にわたって実施された。

http://www.baseballchannel.jp/npb/2339/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告