野球指導神話を解体せよ 子どもたちの野球指導の見直しを


子ども 野球

子どもたちを年齢ではなく、体の強さで分けて練習を

歩くだけという一つの動作から、歩く+ボールを捕る(2つの動作)、歩く+ボールを捕って投げる(3つの動作)、歩きながらボールを捕ってジャンプして投げる(4つの動作)というように、組み合わせて複合化していくと、野球のプレーでいうと、ジャンプして捕って投げるなど、様々なことに対応できるプレーが自然にできるようになっていきます。

http://www.baseballchannel.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%86%E8%A6%8B%E3%82%8B/2333/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告