15年は豊作!ドラフトは逸材ぞろい競合必至の“BIG7”ら注目選手を紹介(画像あり)


その15年のドラフトだが、まれに見る豊作年となりそうだ

最大の目玉は上原健太(明治大)と今永昇太(駒澤大)の両左腕。

上原の特徴は、190センチから投げ込む角度のあるストレート。最速150キロを超す真っすぐは、打者にしてみれば厄介な球である。さらにカーブやスライダー、チェンジアップなどの変化球も鋭いキレを誇る。

上原健太

上原健太

一方の今永は両サイドに投げ込むコントロールの精度が高く、何より強いハートを持っている。ほとんどのプロ球団が左腕不足で頭を悩ませている中、この2人に手を挙げるチームは多くあるはずだ。競合になってもなんら不思議はない実力をすでに持っている。

今永 昇太(駒大)

今永 昇太(駒大)

大学球界を代表する“左のスラッガーBIG3”もドラフト最上位候補

東京六大学リーグで史上最速となる3年秋での通算100安打を達成した高山俊(明治大)は、言わずと知れたバットコントロールを持っている。

高山俊(明治大)

高山俊(明治大)

非凡な打撃センスが光るアーチスト・谷田成吾(慶応大)は、天性の飛ばす力がある。

慶応大学野球部谷田成吾

慶応大学野球部谷田成吾

東都No.1スラッガーの吉田正尚(青山学院大)

吉田正尚(青山学院大)

吉田正尚(青山学院大)は最短距離で振るコンパクトなスイングが魅力。類いまれなバッティングセンスを秘めており、大崩れしない安定感も目を引く。この3人は外野守備、脚力のレベルも高い。

そして残りの2人が高校生の投手。吉田凌(東海大相模高)と高橋純平(県岐阜商高)

吉田のスライダーは大学、社会人にも通用する大きな武器だ。松井裕樹(東北楽天)を超える20奪三振を奪ったことも記憶に新しい。

吉田凌(東海大相模高)

吉田凌(東海大相模高)

高橋は腕の振りがきれいで指のかかりもしっかりしており、ボールの回転が良い。ストレートに力を持っており、本格派の投手として名をはせるだろう。

高橋純平(県岐阜商高)

高橋純平(県岐阜商高)

将来性もあるこの2人の右腕を放っておくスカウトはまずいない。球界を背負って立つ力を秘めている。

現時点でこの7人が大舞台での実績を積んでおり、ワンランク飛び抜けた存在と言える。だがもちろん、ほかにも逸材はそろっている。

 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/npb/2014/columndtl/201412250005-spnavi

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告