来春、大学球界でも「二刀流」登場か 明徳義塾の岸が拓殖大に進学


明徳義塾の岸

来春から拓殖大に進学する明徳義塾の岸潤一郎「来年、神宮が盛り上がる。

なぜなら、春夏通じて4度の甲子園に出場した明徳義塾のエースで4番、岸潤一郎選手(18)が、東都リーグ1部の拓殖大に進学するからだ。

岸が投手の場合、他の選手をDHで起用すれば、岸は打席に入ることはできない。

二刀流に挑戦するとなれば、岸には日本ハム・大谷のように、投手、野手の調整が強いられることになり、負担はかかるが、大谷は見事、その可能性を示した。

岸の活躍が大学野球の人気につながることにも期待したい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141225-00010000-fullcount-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告