2年目大谷翔平の大躍進の理由は「打席での余裕?」 データで見る打者・大谷翔平【打者・総合評価編】


大谷翔平 打者

打席での余裕が生まれた?

投手としてだけでも十分過ぎる貢献をした大谷翔平だが、打者としても高卒2年目としては規格外の成績を残している。

昨年(2013年)の成績との比較には、打者・大谷の成長もしっかり表れている。

注目すべきは選球眼

三振で打席を終わる割合は10ポイント以上改善。四球を選ぶ割合はリーグ平均を上回った。ストライクゾーンの管理がうまくいくようになった様子がうかがえる。

詳しくはこちらから↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141224-00010000-fullcount-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告