【MLB】注目を浴びる“ミスター・マネーボール”の手腕 重要なのは若手の層を厚くすること


“ミスター・マネーボール

例年にも増して大きな動きが多い今オフ

注目を集めているのが、“ミスター・マネーボール”ことビリー・ビーンGM率いるアスレチックスだろう。

7月31日のトレード期限からこれまでに見せたビーンGMの動きには一貫性がないように見えるかもしれないが、すべては「高く売って安く買う」というマネーボールの基本に則ったものだ。

重要なのは若手の層を暑くすること

今オフの動きは年俸総額をカットすることが目的じゃない。むしろ選手をトレードした副産物に過ぎない。

第一の目的は若手選手の層を厚くすること。その結果として、年俸総額が下がっただけだ。この差額を将来に向けて、つまり獲得した若手選手に投資することが理想。だが、同時に来季のこともあきらめてはいない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141223-00010004-fullcount-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告