ヤフオクDにラッキーゾーン “東京D化”で本塁打増産が確実に 


ヤフオクドーム

ソフトバンクの本拠地・ヤフオクドームが、来季に向けて外野に「ラッキーゾーン観客席」を設置することが23日、分かった。

右中間と左中間のフェンスが現在より最大6メートルもせり出す“東京ドーム型”で、チーム本塁打数の大幅増は確実だ。

球団関係者によると両翼100メートル、中堅122メートルは変わらないが、「ラッキーゾーン観客席」で右中間と左中間の最深部が浅くなり、フェアゾーンは東京ドームとほぼ同面積になる。

https://storify.com/kenny122/story-113

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告