延長50回を投げ抜いた男の気になる「その後」 高校卒業後の進路は?


松井大河

全国軟式野球で頂点に立ったエース 「大学に進学して、準硬式野球部に入り、プロに行きたい」

2014年の野球界を振り返るうえで忘れてはならないのは、「延長50回の死闘」だろう。

全国軟式野球大会の準決勝、岐阜・中京高校と広島・崇徳高校による試合が、3日続けてサスペンデッドゲームとなった。

延長46回から再開された4日目の延長50回に中京が得点を奪い、3ー0で勝利。

中京のエース・松井大河投手(3年)は、準決勝では4日間で延長50回、709球を投げ抜き、決勝戦でもリリーフで5回2/3を無失点。

大学に進学して、準硬式野球部に入りへ

準硬式野球では、硬式ボールと軟式ボールの中間のような球を使用する。

準硬式野球はスカウトも見ており、過去にはプロ入りした例もある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141223-00010001-fullcount-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告