実力主義の巨人で超異例!原監督が長野の「特別扱い」明言


巨人・原辰徳監督

巨人・原辰徳監督(56)が21日、毎オフ恒例となっている秋田県訪問を行った。

今回で訪問は20回目となり、県から特別表彰を受けた指揮官は、右膝と右肘を手術した長野久義外野手(30)の「特別扱い」を明言し、スロー調整を容認した。

https://storify.com/kenny122/story-99

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告