意外あの人も、捕手から野手のコンバート 巨人・阿部は打力を活かしてコンバートできるのか?


阿部慎之助を一塁へ

扇の要として巨人バッテリーの中心となってきた阿部慎之助を一塁へと配置転換。

巨人は打撃不振に陥った阿部の復活と次なる捕手の育成を同時にはかろうという構えだ。

このような〝捕手から野手へのコンバート〟という事例はいくつもある。

捕手から野手への転向で結果を残した先駆者は田淵幸一だ

田淵幸一は〝打てる捕手〟として、1973年から2年連続でダイヤモンドグラブ賞(現・ゴールデングラブ賞)を獲得。1975年には本塁打王にも輝いた。また、江夏豊とのコンビは「黄金バッテリー」と呼ばれ、強肩でも鳴らしていた。

しかし、死球の影響などもあって、徐々に一塁や外野で出場が増えていく。そして、1978年のシーズンオフに西武との大型トレードでチームを移籍。これを機に新しい所属先となった西武で、主に指名打者を任されるようになった。

 詳しくはこちらから↓

http://www.baseballchannel.jp/npb/2258/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告