巨人・澤村「六本木クラブ暴行事件」の真相…同席したのは大物投手ではなかった


巨人・澤村

巨人・澤村拓一投手(26)の「六本木クラブ暴行事件」が波紋を広げている。

17日発売の「週刊文春」が報じたもので、クライマックスシリーズ(CS)直前の10月8日深夜、六本木のクラブで澤村が同じフロアにいた男性とトラブルになり、澤村に暴行を受けた男性が警視庁麻布署に被害届を出したという。

文春では内海哲也投手(32)とされていたが、実際にその場にいたのは若手選手のAとBだったのだ。

詳しくはこちらから↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141218-00000002-tospoweb-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告