日本人投手にはチャンス?メジャーで中継ぎ需要が急騰


アンドリュー・ミラー投手

メジャーリーグの契約傾向としては、先発投手、とくにエース級には多額の金額を払う。

12月11日(日本時間12日)、アスレチックスからFA(フリーエージェント)になっていた左腕ジョン・レスター投手(30)が、カブスと6年総額1億5500万ドル(約184億4000万円)で合意した。

しかし今季、ある中継ぎ投手に20球団を超える数のオファーがされ、中継ぎ投手が重要視されている。

http://allabout.co.jp/gm/gc/449972/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告