日米で論争が起きた安楽智大の772球 “球数”に関する日米の違いを再考する


安楽智大の772球

◆日本とアメリカの野球で大きな違いのひとつに投手の球数がある。

アメリカ・MLBでは先発投手を100球前後で交代させ、中4日のローテーションで回すのが基本的なスタイルだ。

一方、日本では投手の分業制が進み、以前ほど先発投手が球数を投げなくなった。

プロ以上に日米間に差があるのはアマチュア野球、とくに学生野球における球数だろう。

◆しかし、今年の5月アメリカの高校生が14イニング194球を熱投した

https://storify.com/kenny122/772

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告