【野球】巨人、地味補強の原因? 1億円以上の決裁には、親会社の読売新聞社の事前承認が必要


巨人  相川

このまま今オフは金満球団らしからぬ、“単価1億円未満”の地味補強で終わるのか。

ここまで主立った補強は、先発候補として米大リーグ・レンジャーズから右腕マイコラスを年俸70万ドル(約8300万円)で、左腕ポレダを55万ドル(約6500万円)で獲得。

フリーエージェント(FA)で獲得した2選手は異例の減額&単年契約で、前ヤクルトの相川捕手が6000万円、前横浜DeNAの金城外野手が4000万円。

https://storify.com/kenny122/story-70

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告