「大体おかしいじゃん、カタカナだし」川崎がイチローを知った日。


川崎 イチロー

イチローにはなれるかもしれない

小学生から中学2年まで、おれは右バッターだった。

中学1年のときは、バットが重くて、振れなかった。

イチロー選手が打って、走る姿を見て、こんなスマートな野球選手がいるのかって、ビックリした。

今のおれにはそんなこと、絶対に言えないけど、何も知らない中学生だったおれは、イチローにできるんだからおれにもできるって、思った。

詳しくはこちらから↓

http://number.bunshun.jp/articles/-/805642

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告