大谷翔平選手から考える、ジュニア年代に求められる〝アスリート教育〟


ボール投げ

〝できない〟のではなく、〝やってきていない〟だけ

トップアスリートを形成する要因は、遺伝子などの先天的なものではなく、環境などの後天性によるものである。

運動神経の発達が終わるまでに、複数のスポーツを通じた「アスリート教育」を

15歳までに様々なスポーツをやらなくてはけない。

http://www.baseballchannel.jp/npb/2098/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告