2014年ペナントレース総括 数字で分かるアノ補強とドラフト指名(福岡ソフトバンクホークス編)


福岡ソフトバンクホークスが『3年12億円プラス出来高』という破格な条件で松坂大輔投手を獲得

ソフトバンクホークスはパ・リーグ打率表の10傑に5人が名を連ねる強力打線である。

しかし、問題は投手陣だ。規定投球回数に達した先発投手はスタンリッジ(36)と中田賢一(32)だけだ。そこで、その投手陣を安定させるため、松坂大輔を獲得した。

ドラフトでは数少ない即戦力と称された有原航平の競合を避け、潜在能力の高い松本裕樹を一本釣りした。これは『3、4年後への投資』だろう。

http://npn.co.jp/article/detail/94153918/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告