球界の盟主交代 巨人を蹴落としたソフトバンク100億円補強の全内幕(2)


要約

それにしても「何でも欲しがる」あの巨人は、一体どこへ行ってしまったのか--。今まで“球界の盟主”のメンツにかけて大補強を敢行してきたはずなのに…。

落合中日の前に2年連続で3位に沈んだ’11年オフには、ソフトバンクの左腕エース杉内俊哉投手と横浜の4番村田修一内野手をFAで獲得し、今シーズンまでの3連覇につながった。

札束にモノを言わせ、他球団の看板選手を狙い撃ちしてきたあの巨人はなくなり、その座をソフトバンクに渡そうとしている。

http://npn.co.jp/article/detail/54776440/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告