大学野球の全国大会でも使い手が出現 スローボールは武器の一つとして定着するか


要約

今夏の甲子園で話題となったスローボール今年の野球界で、一つの論争を巻き起こしたスローボール。

そして3か月後、同じ全国の大舞台でスローカーブで打者を手玉に取る大学1年生が現れた。それは明治神宮大会・大学の部で優勝した駒澤大学の左腕・東野龍二投手である。

スローボールの難しさと利点

ボールゾーンからストライクゾーンに入ること、140キロのストレートを投げる時とは違った体の使い方をすること、審判からストライクの判定を受けにくいことなど、スローボールを使いこなす条件は厳しい。

しかし、 スローボールを投げることで打者を心理的に追い込めれば、打ち損じることが多いという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141202-00010001-fullcount-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告