今季から導入されたMLBのチャレンジ制度 日本のビデオ判定はどう進むべき?


要約

今年度からMLBで本格的にチャレンジ制が度導入された。 チャレンジ制度とは、審判の判定に異議がある場合、2度までビデオ判定を要求する権利(チャレンジ権)が与えられる制度だ。

日本にもチャレンジ制度の導入は可能か?

クリアしなければならない課題はまだ多い……では、日本でもビデオ判定の適用範囲を広げ、チャレンジ制度を本格的に導入するのは可能なことだろうか?MLBの場合、総工費10億円以上とも言われるリプレイセンターで各球場の映像を一括管理し、当該球場にいる審判と連絡を取り合って対象となったプレーを確認している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141201-00017368-baseballk-base

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告